« 卒園式 | トップページ | 2011-03-20のtweetまとめ »

2011年3月20日 (日)

謝恩会

謝恩会ってなんだ?
年中の終わり頃、謝恩会という言葉は聞いたものの、実際なんなのか全然わかってなかった。
ほんの数日前に「先生に感謝する会」だとわかった(遅)。

卒園式が終わって午後1時から、会場をホテルに変えて謝恩会があった。
一度家に帰ったので、スカートを黒シフォンプリーツスカートに替え(精一杯のおしゃれ)、バッグをフォーマルバッグから黒のバッグ(黒いだけで普段使いの)に替え、パパに車で会場まで送ってもらう。会場は園児1人保護者1人しか入れないので。

受付をしてプログラムをもらい、席につく。
1テーブルに5〜6家族。どういう分け方かよくわからないけど、何となく子ども同士が仲良しなグループにしてあるのかな?と他のママが言っていた。
テーブルには折り紙のお花、キューブ型の写真、卒業証書授与の時の写真(はやっ!と思ったけど実は練習時に撮影したもの)など、役員さんの手作り品が満載。
子どもの席にはお弁当が用意してあり、ちらしずし、ハンバーグ、デザート、サンドイッチ、サラダなどが入ってた。正直いえば、デザートは別で後から持ってくる方式にしてほしかったなw
飲み物はオレンジジュースとウーロン茶。
親はコース料理。海鮮サラダからはじまり、お魚、お肉、ご飯、デザート、コーヒーみんなおいしかった。

食事中は、子ども向けに○×クイズや子ども一人ひとりのスライド上映があったりした。
役員さんは仕事が多くて手が回らず、今年度バザー委員をやったわたしもお手伝いをお願いされていた。クイズのあとに、各テーブルにキャンディレイを配る役目。ちょっともたもただったけど、手伝ってくれるママがいて助かった。
それから役員さんたち全員(司会除く)によるAKB48。
いやー、圧巻w その運動量、衣装や超ミニからのぞくまぶしい太ももw
振り付け覚えるのも大変だっただろうなあ。なんかもう恥ずかしいのは吹っ飛んでる感じw

その後は十数人で先生に記念品を渡す時間。これもお手伝いをお願いされていた。
役員さんたちの着替えが間に合わないので、バザー委員にも仕事が回ってきたと納得w
わたしが記念品を渡す先生は、実は担任の先生とかではなく通園バスの当番で会うくらいのあまりなじみのない先生だったので「ありがとうございました」にどれくらい気持ちが入れられたか…。

謝恩会も終盤になってきて、先生たちのスライド上映が始まった。
普段の様子、行事の準備の様子など。役員さんは音楽にあわせてハンドベルの演奏をしていた。
ハンドベルの音を聞くと反射的にうるうるしてしまうのだけど、先生たちの笑顔を見ていたらやたら感動してしまった。

その後、出席者全員で歌を歌ったのだけど、役員さんたちのハモリがすごい。うまいし。

わたしは年中の時に役員をやって、その年中役員の半数が持ち上がりで年長役員になったので知り合いも多い。だからこれだけのことをするのにどれだけ手作りしたか、練習したかという方向に考えてしまう、本当にびっくりした。感謝の2文字では全然足りない。

謝恩会が終わって、先生が1列で退場するときには、みんなも並んで見送り。涙が止まらないですよ。席のバッグにハンカチはあるけど、取りに行ってる間に先生が行っちゃうので出しっ放し。
先生はみんな若いし、どう接していいかわからなくて必要最小限のごく浅いつきあいしかしてないけど、やっぱり悲しい。先生も泣いてるし、つられてしまう。
謝恩会中ハイでうるさかったムスメも泣いてるし。

余韻に浸る間もなく、会場から順番に退場。
さらに電車で家の最寄り駅まで行くために、子どもと2人で駅までダッシュ。
いろいろ挨拶している人も多かったけど、わたしが仲良くしてもらったママさんは来週水曜の園を会場にしている体育教室で会うし、一番仲良くしてもらったママは、4月からの子どもの習い事で会う。

いま考えると、仲良くしてもらったのに挨拶できなかったママもいるなあ。ちょっと失敗した。

|

« 卒園式 | トップページ | 2011-03-20のtweetまとめ »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

育児・子どものこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卒園式 | トップページ | 2011-03-20のtweetまとめ »