« 雪かき | トップページ | 当たったー »

2008年2月 9日 (土)

子どもミトン最終形

昨日、記事をアップしたあとにひもをつけた。

でもなんかシンプルすぎてさみしいと思って、お花をつけてみた。

アカリが「かわいい」と喜んでくれたので、これで完成ということで。

|

« 雪かき | トップページ | 当たったー »

育児・子どものこと」カテゴリの記事

コメント

ミトン、かわいいですね!
なくしたミトンの代わりにさっと1日で編み上げるなんてすごいですshine
かぎ針でできて毛糸1玉というところが魅力的なのですが、よかったら編み図教えていただけないでしょう
か?

投稿: ばんばん | 2008年2月12日 (火) 14:46

>>ばんばんさん

さっとは編めません(笑)
この日は旦那がお休みで、子どもを外に連れ出してくれたからできたのです。平日ならムリ〜。
編み図っていうのは特になくて、mixiでミトンの編み方を聞かれていた方が書かれていたのを参考にしました。
-*-*-*-*-*-*-*-
指先側から輪の作り目に細編みを8目、編み入れる。。。という感じで編み始めるんですが、
基本細編みでグルグルと。。。4段目くらいまでは8の倍数で、
2段目16目、3段目24目、4段目32目。
5・6段は増やし目ナシで、
7段目に手のひらの左右側に増やし目を持ってくるような感じで+8目。
それ以降は増やし目ナシ。。。
-*-*-*-*-*-*-*-
この通りにやると、うちの3歳児には大きかったので、最初の輪に入れるこま編みを6目にして、次の段12目、3段目18目、4段目24目…って感じで編んでいきました。
↑の7段目の増やし目はしなかったような。
あとは子どもの手にあわせてぐるぐる編んで、途中で親指の穴をあけて手首まで。
親指は目を拾って、指にあわせて適当に減らし目してしぼっておしまい。
手首は目を拾って1目ゴム編み(棒針)です。

片方を仕上げてもう片方…というやり方では大きさが違うのになりそうだったので、指先から親指まで、親指から手首まで…と両方同時?に編みました。

使ったのは楽天ピエロのソフトメリノです。
ジャスト1玉で全然余りませんでした。
手加減やサイズによっては1玉で足りないかも。

わたしはあんまり上手じゃないけど、ばんばんさん頑張ってくださいhappy01

投稿: sugi | 2008年2月13日 (水) 17:29

軽い気持ちで編み図教えてくださいって書いちゃったけど、簡単に引用?できるものじゃなかったのですね…。申し訳ないです。
でも細かく文章化してくださってありがとうございます!
読んでてこれは私の技量では難しいかも?という気がしてきましたが、近々トライしてみるつもりでいます。
両手同時に編むってすごい。
私には絶対無理!でも左右の大きさ揃えるのによさそうですよね。
そういえば私が初めて編んだ手袋は見事に左右違う大きさでした…wobbly

いやいやsugiさん上手ですよ!お店で売ってるのみたいですよ。
私もまた編んでみたら報告しますね

投稿: ばんばん | 2008年2月14日 (木) 14:25

>>ばんばんさん

文章で編み物を伝えるのは難しいですね。
でも海外ではそれが主流らしくて、ネットにあるフリーパターンも文章ですよねー。
ずらっと文字が並んでいるのを見ると、フリーズしてしまいます(笑)

このミトンのも、ぱっと見ると「う…」と思うけど、やってみたら基本でよくやることなので「なぁんだ」と思うと思います。
この毛糸は外と内側から糸を出せたので、糸をつなげたまま両方編めてラッキーでした。

投稿: sugi | 2008年2月14日 (木) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪かき | トップページ | 当たったー »