« 熱 | トップページ | ホットカーラー »

2006年3月18日 (土)

またもや咳に悩まされ中。
うとうと…っとすると咳が出る。目が覚める。うとうと…ゲホゲホ!のループで朝になった…。
昨日のお昼もアカリを巻き込んで昼寝したんだけど、同じ感じだった。
休んだ~という感じがあまりないまま、時間だけ経ったみたいな…。
起きている時はそんなに咳は出ないんだけどねー。

どうやら交感神経と副交感神経の切り替わりに咳が出るらしい。
以下、小児喘息の記事だけど、寝入りばなの咳について書いてあるから引用。

喘息の患者さんは夜布団に入ると、それまで何でもなかったのが発作を起こしたりします。普通は、人は起きているときには、交感神経という神経が優位になっていて、眠るときには、副交感神経という神経が優位となるのですが、交感神経が活発になっているときには、体から出ているホルモンも多く、息をするための筋力も活発で、気道の通りも気道が狭くなりにくいので頑張れるのですが、副交感神経が優位になると呼吸する筋肉も休んでしまう傾向にあり、空気の通り道は狭くなってしまい、ゼーゼー、コンコンと喘息発作を誘発する傾向にあるのです。そのため気道を拡張させる薬やたんを出しやすくする薬も、夜眠っている間に体の中で代謝されて血中の濃度が下がってしまい発作が起こりやすくなることも考えられます。これらのいくつもの要因が重なり合って夜に発作が起こりやすくなるようです。
アカリは先日の薬で咳は改善された。昼間少し出てるけど、夜寝入りばなとか寝ている時に出ることはなくなった。よかった~。
わたしも早く治りますように。

|

« 熱 | トップページ | ホットカーラー »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4663/9142101

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 熱 | トップページ | ホットカーラー »