« 鉢のバジル | トップページ | よちよち »

2005年11月13日 (日)

銀粘土を売りたい

自分が売れるものに銀粘土があることに気がつき、ネット販売してみようかと思った。

講師養成講座を修了したら、わたしが行っていた教室では、名古屋の日陶科学の銀粘土カタログの中から銀粘土を●割引、他のものを■割引で買えるようになる(伏せ字でゴメン)。
そうやって買ったものをネットで転売(?というのかな)ってやってもいいのかと思って、まず教室の先生にメールで聞いてみた。
返事は「PMC関係のHOW TO本の後ろに載っているところじゃないと、おおっぴらにはできないんじゃない?」というもの。
なるほどーと思って、先生との話はそこで終わったものの、メーカーの三菱マテリアルのHPに載っているものを含めても、ネットでは銀粘土を扱っているショップがたくさんあって、とても全部載っているとは思えない。
そこで、三菱マテリアルHPの問い合わせフォームから、先生から割引価格で買って、ネットで売ってもいいのかと聞いてみた。最初、銀粘土で作ったものを売ってもいいか?との質問に勘違いされたけど、2回目のメールで、希望小売価格で売ってもOKとの返事をもらった。
でも、メーカーと日本貴金属粘土協会の意見が違うのかもしれないと思い、先生の先生がいて、日本貴金属粘土協会中部地区を統括している日陶科学のHPから問い合わせフォームで聞いてみた。翌日、電話で返事があって、こちらも割引価格で買って、それをネットで売ってOKとのこと。

おおー。なんだ。売ってもいいんじゃん~。
先生の言うことは数年前までの話で今は違っちゃってるんだな、きっと、と思った。

というわけで先生に、上記のいきさつと今度教室に買いに行くのでよろしくお願いします、とメールした。
レスポンスのいい先生からすぐ返事がこなくて、不安…。翌日、返事がきて、販売しようとしている製品は普段教室に常備してないので、事前にメールか電話で注文してください、とのこと。
さっそく折り返しのメールで品物を注文したのだけど、そのメールに対して返事がない…。
普段だと「了解。○日くらいにくると思うよ」とか「なんかのついでに注文するから、届いたら連絡するね」くらいの返事をくれそうな先生だから、ちょっと考えてしまっている。

やり方がまずかったのかなー。

旦那に話すと、先生は教室運営で稼いでいる人だから、そういう小売り取り次ぎで入ってくるお金よりも、手数かかって面倒だと思う方が勝るんかもよ?と言う。
そうなのかなー。
ずっと教室で買い物とかできなかったし、これでわたしが自分で使うためにたま~にちまちま買ってくよりも売り上げに貢献できるんじゃないかと思ったんだ。

それともこういう販売自体を快く思ってないのかな。
教室運営に力を入れている先生だから、こういう土俵が違うところなら生徒さんの取り合いにならなくていいとも思ったんだよなー。

こういうことってやったことないから、なんか気づいてない不手際があったのかもしれない。困った。

|

« 鉢のバジル | トップページ | よちよち »

日記・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

んーなんだろ
先生的に、材料を売るんでなく
作品で行なってほしいんかな?

せっかく教えた、知識、技術が
使われていないから・・・。

もしくは単純に、忙しいか。

でも、材料って教室経由じゃないと
買えないん?

そうそう、こないだインストラクター資格を
受けることが出来るか?、幾らか?聞いたら
(直接先生じゃなく、巨大ホームセンターアート館の店員(長?))
先生の推薦で受けるとか、30万かかるとか言われた
ヤッパリ、直接先生と会話しないとダメだと
わかった。

投稿: ドロップ | 2005年11月14日 (月) 13:27

旦那にも、材料を売るだけなら中間マージンとるだけでえげつないと言われたですよ(^^;)

もちろん、ただ「売ります」だけじゃ売れないし、銀粘土のページを作り込んで作り方から仕上げまで載せようかと思ってます。で、工程を載せるのに、久しぶりに銀粘土をさわろうかと思ってて、これがきっかけでまた始めれたらいいなー、できたものも売れたらいいなーと。

仕事もできないし、これくらいしかお小遣い稼ぎの方法を思いつかないのですわ(^^;)

特に他意はなく忙しいだけならいいんだけどねー。つかやっぱなんか失礼なことしたような気がしてしようがないです…。

材料は教室経由しないと割引で買えないのかはわたしもよくわからないの。定価でならどこででも買えるけど、割引で買えないと自分で売る意味ってない気がするし。

イントラ資格の金額については、どうなんでしょうねー。
←のリンクにも載ってるmaxartsさんの「school」のとこで、アートクレイの資格については詳しいですよ。
http://www.fides.dti.ne.jp/~miu/maxarts/
電気釜も買わないといけないそうだから、その金額も足せば30万円くらいになるかも〜。推薦の話はよくわからないっす。

投稿: sugi | 2005年11月14日 (月) 17:34

資格を持っている人なら、直接発注出来るんじゃないかな?
それが、出来るのが、この資格
なんだろうから・・・
マージンを取るのは、多分誰しもが
やっていることだとは、思うよ

まず、販売店から問屋、仲介無しに仕入れる
のがベストだね。
誰かを通すと、商売なんで必ずマージンは
発生するんで。
自分で使うなら、そこらへんサービスで
入手しても良いけど、売上にするとなると
話は、別なるかも・・・
この世の中、卸業者は、わんさといるからね。

投稿: ドロップ | 2005年11月15日 (火) 10:54

最初、資格をすすめられた時は、銀粘土が割引で買えるようになるよ、教室開けるよってそれだけしか聞いてないんですわ。

講師養成講座を修了した時、日本貴金属粘土協会の正会員になるのに5万円かかるよ~展示会に作品を出さないといけないし、その他いろいろお金かかるよって言われたので、その手続きはしてないのです。

正会員になる前→先生から銀粘土を割引で買える
正会員になると→日本貴金属粘土協会中部支部の日陶科学から銀粘土を割引で買える

のかもしれないでそ。講師資格に付属してくる特典がはっきり聞いていないので、もやもやなのです。困ったわ。

まー、とりあえず準備として、HPに載せるブツをどんなのにしようか考えておくことにしますー。

投稿: sugi | 2005年11月15日 (火) 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4663/7090199

この記事へのトラックバック一覧です: 銀粘土を売りたい:

« 鉢のバジル | トップページ | よちよち »